設立趣意書

拝啓

菊花の候、皆様にはますますお健やかにお過ごしのことと存じます。

さて、先の大戦におけるガダルカナル島の戦いが終結して七十五年の節目となる今年、一般社団法人菊月保存会の働きによって、菊月の第四主砲砲身がソロモン諸島から日本への帰国を果たしました。 この報せはインターネットやテレビ、新聞を通じて多くの人々に伝わり、緊迫する東アジア情勢に巻き込まれつつある日本の戦争観、その変化の嚆矢を放ちました。 核をはじめとする、見えざる脅威に立ち向かわざるを得ないこの国において、己を護るのは己であり、而して先の大戦に敗れたことで得た不戦の誓いは曲がらぬものであります。 このことを新たにし、生まれながらにして、国を守るため、殺しあうことを運命づけられた悲しき艦霊を鎮めることは、万物に神の宿る、この海洋国家たる日本が、ほかに任せることのできない務めであると考えております。

最近、米マイクロソフト社の共同創業者であるPaul Allen氏が、USS Indianapolisを発見したとのニュースがありました。 北マリアナ諸島テニアン島へ原子爆弾を運び、潜水艦「伊58」の雷撃によって沈没した艦です。 伊58についても、東京大学の浦環名誉教授によって、奇しくもIndianapolisと同時期に特定されました。 自分たちの国のために戦った艦の現在を、自分たちの手で明らかにし、忘れないよう語り継ぐことは、こんにちの平和の礎として祖国に殉じたすべての英霊に対する弔いではないかと思うところであります。

また、戦後七十余年の歳月が流れ、当時を知る方も少なくなって参りました。 戦没あるいは物故された菊月乗員各位の安らかなる眠りを祈りつつ、香花を手向けていくことも、今を生きる我々の当然の務めではないかと思うところです。 そして、私たちを繋いだ運命の艦、菊月の軌跡を辿るため、会として発足し、我々の名を、「駆逐艦菊月会」とすることをここに宣言いたします。

それでは、いよいよ寒さが深まる季節ですが、何卒ご自愛専一にお過ごし下さいませ。

敬具

平成二十九年十月十七日

堀江仁貴

次のページ: 報告書